スキー場のリゾートバイトでおススメの職種
2016.12.20

subimg01現在日本には数多くの職業が存在しており、雇用形態も様々です。その中でもアルバイトの数は一昔前とは比較にならないくらい多くなっており、学生やフリーターなど様々年代の人がアルバイトとして働いています。その中の一つであり人気を集めているのが、リゾート地でのアルバイトです。リゾートバイトの場合には、期間限定で募集しているタイプのものが多く夏休みや冬休みなど、長期休暇のある人が働くケースも多いです。人気を集めているので、その分競争率も高いものもありますが、早い段階で応募すれば採用となることも多く大半が住み込みでのバイトとなります。リゾート地でのアルバイトで人気が高いのが、スキー場です。

ウィンタースポーツが好きな人ならば、バイトが終わった後や休日にウィンタースポーツを楽しむことができるという特典を設けているところもあり、お金を稼ぎながら遊びも楽しむことができ一石二鳥となります。しかしスキー場でのアルバイトと一口に言っても様々な職種があり、何を選ぶのかによって仕事内容には大きな違いがあります。数ある中でもオススメ内容が、スキーやスノーボードのインストラクターや、売店での販売リフトの乗り降りのバイトです。ウィンタースポーツに自信がある人ならば、インストラクターとして働くことができるようになりますが、そうではない場合や寒さに自信がないという場合には、室内で働くことができる売店で働くべきです。

ウィンタースポーツを楽しむことができるということだけが、冬の雪山でアルバイトをするメリットというわけではありません。冬の雪山ならばお金を使うような遊ぶ場所が周りにはないので、バイト後や休日に無駄遣いをしてしまうこともなく効率よくお金を稼ぎ貯めていくことができます。ウィンタースポーツが苦手という人で、上手くなりたいという場合にも上手くなるチャンスであり日頃出会うことがない人と出会うことも多いので、人間関係の幅を広げることにもつながります。職種によって時給や日給にも違いがあり、寒さが厳しいリフト乗り場やインストラクターは好条件ということが多いです。もちろん一口にリゾート地でのアルバイトとはいっても、働き先によって給与には大きな違いがあるのは当然のことなので、事前に複数のリゾートアルバイトを調べておき、給与の違いも知っておくようにしましょう。どこで働いても同じと考えるべきではなく、給与や仕事内容は比較しなくてはいけません。

▲ ページトップへ